夏だ!三浦半島に行こう!

MIMIYAKO85_maehamadedate20140725-thumb-815xauto-17306

日常と違った風景を楽しむ

ドライブに出かけるということは、日帰りで帰ってこられるというところが重要なポイントでしょう。
あまりに遠くに出掛けるのではなく、程よく運転して楽しむことができる距離が一番です。

神奈川県は、日帰りできる範囲ではありますが、意外とドライブコースは知られていなかったりします。
その中でも、三浦半島に行ってみると、日常とは違った風景を、日帰りの範囲内で楽しむことができるのです。

近いからこそできる詰め込みで

三浦半島も、いろいろと楽しめる場所がありますが、東京から近いということもあり、ある程度予定を詰め込むことができるでしょう。
そこで、全体的に回ってみるコースを考えてみるのが一つの方法です。

食べることも見ることも、ちょっと忙しいですが贅沢に詰め込んだコースになります。
このサイトのいいところは、事故多発のポイントもわかるところにあるでしょう。

油壷マリンパークによったり、三笠公園で歴史に浸ったりすることができます。
お土産に関しても、三崎にいきますので、マグロに関するものを買って帰ってもいいでしょう。
観音崎で温泉に入ってくることもできますので、疲れをいやしながら楽しいたびにできるはずです。
ただ、ちょっと詰め込まれていますので、次の日ということも含め、時間をゆっくりと取っておくといいでしょう。

家族連れにも向いているのんびりコース

神奈川県が出している三浦半島をめぐるコースです。
夏場にぴったりのセレクトになっています。
参考:神奈川県ホームページ

日帰りではありませんので、家族でゆっくり時間をとっていくのもいいですし、どちらかのルートに絞ってみてもいいでしょう。
距離が近いだけに、選択肢がいっぱい取れるのも、三浦半島の良さなのです。

このコースの目玉は、ソレイユの丘でしょう。
南フランスの気分を味わうことができ、体験コースなどもあります。
ここに来るだけでも、ドライブしていく価値があるほどです。
このコースは、家族連れに向いていますので、どちらかといえばレジャー的になっています。

ゴール地点としての逗子海岸

三浦半島というと、どうしても三崎港に行ったり、油壷マリンパークを目指したりすることになりがちです。
実は夏場でなくても、逗子海岸に行ってみるのもいいでしょう。

ドライブコースとしては、横浜横須賀線の逗子インターからすぐなのですが、とてもきれいな風景が待っています。
特に夕暮れの時間帯は、驚くほどきれいな夕陽を見ることができるのです。

お昼あたりの時間に東京を出て、ゆっくりと三浦半島を巡りながら、逗子海岸を目指してみるのは、大人のドライブコースでしょう。
家族連れのコースではありませんが、素晴らしい思い出に残るたびになることは間違いありません。

9月 12th, 2015 by