N-BOXの魅力に迫る!

KAZU758_namiuchigiwa-thumb-815xauto-19008nbox

対抗して作った

軽自動車の販売市場を見てみると、スズキとダイハツが一歩先んじた感があります。
本来は、軽自動車を一大市場としてみていたホンダでしたが、スズキやダイハツに対抗できるだけの軽トールワゴンは存在しなかったのです。
フィットのヒットはあったものの、軽自動車市場の復権をめざし投入されてきたのが、N-BOXだったのです。

それまで全く経験のない分野への投入であったことはありましたが、フィットで培った経験や知識、F1開発メンバーが投入されたりすることで、N-BOXは他社に負けないだけの性能を得ることができました。
結果として、他社に比べても負けないほどの大きな空間を作り出し、計量コンパクトでありながらも、高出力を持つエンジンを搭載するに至ったのです。
ホンダが軽に始めてCVTを搭載させたということも、大きな話題となりました。

フィット譲りの先進性

N-BOXの魅力は、フィットからフィードバックされたセンターレイアウトにあるでしょう。
CMでも半分に切られたN-BOXが写っていたりしていましたが、このおかげでびっくりするほど広い室内となったのです。
後部座席もはね上げができるため、今までの軽自動車にはない使い方ができるようになりました。

走行性能も、低重心化によって軽トールワゴンとは思えないほど機敏です。
このあたりの出来栄えは、さすが走りのホンダといったところでしょう。

どうしても高額になってしまう問題と寿命

問題となるのは、やはりその価格帯にあります。
N-BOXカスタムともなれば、180万円を超えてしまう価格です。
またN-BOXスラッシュに至っては、装備を少し追加すれば、200万円ですから、フィットを買ってもおつりがきてしまうでしょう。

売却する時にもかなりの値段が期待できますので、その分の投資と考えることもできます。
ただし、できるだけ高額な査定を考えていかなければいけませんので、下記のサイトを参考にしてみるといいでしょう。
参考:ホンダ N-BOX|軽自動車|買取|エーリストガレージ

現在の軽自動車の価格帯は、コンパクトカーを超えています。
簡単に購入することができるというイメージは、すでに消えてしまったと考えてもいいでしょう。
その代わりに、しっかりした軽自動車を選ぶことで、コンパクトカーよりも便利で維持費を節約して利用していくことができるのです。

しかし、軽自動車であるということは忘れてはいけません。
重量がかさんだとしても、排気量は660ccまでです。
ターボをつけて稼いだとしても、限界は簡単に訪れます。

寿命という面でも、ターボがあれば10万キロを超えれば故障の可能性が高まってしまうでしょう。
N/Aだったとしても、10万キロを超えたりすれば、コンパクトカーよりも負担は増大すると考えなければいけません。
このあたりは、査定価格にも表れてきますので、寿命ということも考慮に入れて購入や売却を検討していくことが重要となるのです。

9月 12th, 2015 by